子どもの本と文化を、子どもの未来のために―
  

大阪国際児童文学振興財団
交通案内 メールマガジン よくあるご質問 サイトマップ
研究・出版
■縁(えにし)〜児童文学こぼれ話〜(2)



絵本、雑誌の編集、出版社経営など、幅広い児童文化活動を行った高橋五山


 お孫さんの高橋洋子さん(*1)から高橋五山賞(*2)で有名な高橋五山氏が経営されていた
 全甲社の雑誌についての複写依頼を受け、それをきっかけに高橋さんから以下の情報を
 ご提供いただきました。



群馬県立土屋文明記念文学館で開催された「紙芝居がやって来た供廚砲いて高橋五山(*3)を中心にした展覧会が開催されることになり、高橋家は、ご自宅にあった日本画の屏風を文学館にお貸しになりました。

 その際、高橋五山氏の業績が充分に調べられておらず、特に雑誌編集者時代や全甲社時代の仕事が詳らかになっていないことを洋子さんがお知りになり、調査を始められました。

そして、五山と交流があった大村主計(かずえ)(*4)の全集を編纂された大村益夫氏(*5)に大阪府立国際児童文学館のことをお聞きになったそうです。

 洋子さんは、日本の中で一番資料が揃っており、全甲社時代の雑誌や戦前の紙芝居などを閲覧することができ、全業績をまとめる上で大変役にたったとおっしゃいました。
ご結婚当時(大正四年八月)
高橋 五山

「少女世界」9巻3号 大正2年3月
「一年生エバナシ」 昭和6年8月

その中でも見られてよかったと思われた資料の一つが「一年生ヱバナシ」という雑誌の創刊号です。

 この雑誌は、1931(昭和6)年8月1日に高橋五山(本名昇太郎)氏が作った全甲社から発行された雑誌です。

 高橋五山(*6)は1888年(明治21)年に京都で生まれ、1911(明治44)年に東京美術学校(現・東京芸大)卒業後、文武堂書店に入社し、幼年雑誌の編集者として「幼女ヱバナシ」「尋常小学一年」などの編集・出版に従事しました。

同時に「ボッチャン」「ヂャウチャン」(文光堂)など他の出版社の雑誌編集も引き受けていました(*7)。雑誌編集者の経験を生かして、1931(昭和6)年に全甲社を創立し、月刊絵本の発行を行いました。

 創立したての頃の一冊が、今回取り上げる「一年生ヱバナシ」で、当館では創刊号を所蔵していました。目次を見ると、野口雨情、大村主計の童謡、濱田広介、佐藤惣之助の童話、中野正治の絵話があります。また、各ページに挿絵があり、日向真、太田ミヅホ、片岡京二、福山政之、青木末男、蛭田三郎、千地芳朗など多くの画家が関わっていたことがわかります。
 



これらの名前は、文武堂書店の絵雑誌と共通して出てくるものもあり、また、後に出版される紙芝居の画家として登場するものもあるそうで、この一冊からも五山を中心とした当時の児童文化の様相が見えてきます。

 また、この雑誌には、目次の上部に「コドモサンタチ ニ」という創刊の辞があり、そこには、「ヨク キヲツケテ ナカヲ オヨミナサイ。ヲソワツタコトヲ ヨク オボエテクダサイ。イマニ ナンデモ ヨク デキル ホントウニ エライヒトニ ナリマス。サウシテ、アナタガタハ シアワセニ ナリマス。」と書かれています。

よく学び、出世して、幸せになるというとても前向きで、わかりやすいメッセージになっています。

 これだけを見れば、教訓的な内容かと思われますが、実際の内容はとても楽しく、絵がふんだんに使われているので、遊び的要素が強い雑誌であると言えます。おそらく創刊の辞は雑誌を買う大人向きであったのではないかと推察されます。

 また、創刊記念として、鳩時計などが当たる懸賞があるのも楽しい点です。

洋子さんは、今回の来館を、「本当に充実した3日間でした。まだまだ見たい資料があり、ここにしかないので、再度行く予定です」とおっしゃってくださいました。

 今後も五山の足跡を調べ、いずれは一冊の本にまとめたいと思っていらっしゃいます。その本が出版されることを心待ちにしています。




(*1)高橋五山氏の一人息子圭一氏の一人息子真樹氏夫人。現在ご存命の直系の遺族は、このご家族のみ。
  真樹氏は10歳になって五山氏が亡くなる1965(昭和40)年まで一緒に住んでいらしたそうです。

(*2)紙芝居界の芥川賞とも言われ、紙芝居の中の年間優秀作に与えられる賞。1962年より開催。

(*3)本文では敬称を略させていただきます。

(*4)早稲田大学名誉教授

(*5)1904(明治37)年〜80(昭和55)年。童謡作家、詩人、ジャーナリスト。

(*6)経歴については『紙芝居がやって来た供戞雰嫁聾立土屋文明記念文学館 2007年7月)を参考にさせて
  いただきました。

(*7)これは、洋子さんが今回来館されて確認されたことです。





 謝辞:本記事に関しまして、高橋洋子様にお写真の提供をはじめ、多大なるご協力をいただきました。
    記してここに感謝いたします。




HOME
当財団について
資料の検索
イベント
研究・出版
   研究
   特別研究員
   研究紀要
   出版 企画相談に応じます
表彰・コンクール
読書活動推進事業
リンク


ほんナビきっず

寄付金のお願い
寄贈のお願い
参加申込

購入申込
アンケート

サイト内検索

本の海大冒険

子どもの本いま・むかし

おはなし会データベース

ニッサン童話と絵本のグランプリ

日本の子どもの本100選



 一般財団法人
 大阪国際児童文学振興財団

 〒577-0011
  東大阪市荒本北1-2-1
  大阪府立中央図書館内
   TEL : 06-6744-0581
   FAX : 06-6744-0582
   メールアドレス


 財団概要財団概要  個人情報保護個人情報保護方針  採用情報採用情報  お問い合わせお問い合わせ

Copyright (C) 一般財団法人大阪国際児童文学振興財団 All rights reserved. 
No reproduction or republication without written permission.